So-net無料ブログ作成

自宅での筋トレで大胸筋を鍛える方法

大胸筋は力強さの象徴と言えるかもしれません。

胸板の大きい人を見て、
頼りがいがあるように感じたこともあるでしょう。

大胸筋をしっかり鍛えれば、
分厚くて大きい胸板を手に入れることができるのです。


大胸筋の鍛え方としてはいくつかあります。

もちろん所持している器具によって取り組める筋トレも異なります。

ここでは、ご自宅の状況に合わせて
大胸筋の筋トレメニューを順に一つずつ紹介していきます。


STEP1. 何も器具を持っていない段階

何も器具を持っていない段階では、
大胸筋はプッシュアップで鍛えるのがよいでしょう。

プッシュアップとはいわゆる腕立て伏せのことですね。

■プッシュアップ

動画: Youtube


プッシュアップは腕を鍛える筋トレだと勘違いしている方がいらっしゃいます。

しかし本当は大胸筋を鍛えるトレーニングなんですね。


ただし、プッシュアップはあまり効率の良い方法とは言えません。

ですので、プッシュアップを突き詰めて取り組み続けるよりは
次のステップへ進むようにした方が大胸筋は早く発達するでしょう。




STEP2. ダンベルを所持している段階

自宅にダンベルがある段階では、
大胸筋を鍛える種目としてダンベルプレスやダンベルフライが効果的です。

■ダンベルフライ

動画: Youtube

■ダンベルプレス

動画: Youtube


プッシュアップよりも遥かに楽に手っ取り早く大胸筋を鍛えることができます。


重点的に大胸筋を鍛えたい場合はダンベルフライがぴったりです。

肩や上腕も複合的に鍛えたいならダンベルプレスがおすすめです。


もちろんダンベルでのトレーニングにも限界があります。

所持しているダンベルの重量はおそらく片手30kgぐらいまででしょうから、
負荷が足りなくなる日は必ず訪れます。

そうなればダンベルにて負荷を増やすよりは
安全性の面も考慮して、バーベルの導入を検討すべきでしょう。




STEP3. バーベルを所持している段階

自宅にバーベルがある段階では、
大胸筋を鍛えるにはバーベルプレスが効果的です。

ダンベルプレスではダンベルを使用しますが、
バーベルプレスの場合はバーベルを使用してください。




この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。
自宅での筋トレに最適なダンベルの選び方
自宅での筋トレにオススメのダンベル製品
自宅での筋トレ開始1ヶ月後から必要な器具


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。